人類が絶滅してから、多少の混乱はあったものの、間もなく世界は安定的な状態になった。

そしてそれは、生物たちの冷静な対話によるものだった。

あ、こうかくと、まるで生き物たちが「言葉」を使ってお話し合いしたように思われちゃうかな。

人間たちと違って、ほかの生き物は言葉を使わないから、そんなにぽんぽんとはお話が進まないんだ。かといって、そのまま文章にかきおこしたら、すごく長くなっちゃうからね。

まあ、もののたとえで言葉を使っていると思ってよ。

うん、最初はやっぱり人間たちに頼りすぎていた生き物たちが困ったね。それも動物よりも植物の方が先に問題になったんだ。

意外だった?

人間たちが、なんというか、ひいきしていた葉っぱや根っこやくだものってねえ。

まずいんだ。とっても。

味のことじゃないよ。食べても食べても、力がでないんだ。中には、人間たち以外の生き物には、はっきり毒になるのもあったけど、生き物たちは、毒は避けるからまだいいんだ。それより困ったのは、食べても生きる力にならないのがほとんどだったんだ。

でね、そういう葉っぱや根っこやくだものは、とっっっっても面倒くさいんだよ。自分たちも周りも。葉っぱや根っこ やくだものたちは、こうやって育ててよっていうんだけどね、動物たちにはそんなこととても無理だったんだ。それで葉っぱや根っこやくだものたちも拗ねちゃって、引きこもったり逃げたりぐれたり。

そんなぐれた葉っぱや根っこやくだものたちの方が、頑張って残って落ち着いたけどね。うん、今ではみんなとうまくやっているよ。

そうそう、ぐれた葉っぱや根っこやくだものたちの面倒を見るとき大活躍したのがナマケモノたちだったんだ。面白いよね。

やっぱりいざというときに、秘められた力というのか、いいところがわかるもんだね。他の動物たちもナマケモノを見直していたし、葉っぱや根っこやくだものたちもとっても慕っていたなあ。

 

植物たちは寿命が短いから、真っ先に困って、真っ先に変わっていったんだけど、動物たちはそうはいかないから、結構時間がかかったよ。

人間たちの習性を利用して生きていた動物たちは最初途方に暮れていたよ。なにしろその日のうちから食べるものもなかったし、食べ物の探し方もわからなかったし、他の場所へ行く方法もわからなかったし。何回も大騒ぎになったよ。

生き物たちは、そんな動物たちを依存性生存維持障がいと呼んで、対策委員会をつくったんだ。委員長はクマネズミだったよ。てきぱきとみんなに指示してとっても頼りになったなあ。それにね、クマネズミってキレキャラだからね。一度キレるとなかなか収まらないから、大きな動物もびくびくして素直になったんだよ。

こうかくと、人間たちのせいと思っちゃうかも知れないけど、こればかりはお互い様だから、気にする必要ないよ。依存性生存維持障がいの動物たちも、人間たちを利用していた し、人間たちも依存性生存維持障がいの動物たちを利用していたし、そういうもんだよ。

そうだなあ、みんな長い間かけて、大きくなったり、小さくなったり、目の場所が変わったり、体の形が変わったり、色々工夫してなんとか折り合いをつけていったよ。

 

生き物たちの間で賛否両論だったのが、人間たちが残したいろんなつくり物だね。

人間たちの巣ってね、とっても大きいし堅いし住みにくいし、壊しちゃえという意見が多かったよ。でも中には、人間たちの記念として残しておこうという意見もあったし、せっかくだから有効活用しようという意見もあったし。

まあ結局、何回か地面が震えたり嵐が来たり大雪が来たり雷が落ちたりして、ほとんどなくなったけど。当たり前かもしれないけど、後にできたものから先に壊れていったから、古くからあった、木とか石でできた巣は残っているよ。生き物たちにとっても使いやすいしね。

新しくできた巣はものすごくでっかかったから、壊れるときもものすごく周りも壊れてね。有効活用していたら危なかったねとちょっと話題になったよ。どうせ新しい巣はものすごく不便だったから、誰も使おうとしなかったけど。

 

それとなんだっけ。なんか地面の中を通っていた象の鼻みたいなでっかい管とか、あちこちにひっかかっていた蜘蛛の巣みたいな太い線とか、地面にねっころがっていた大きな蛇みたいな長い板とか、さすがに邪魔だったよ。

この辺のやつは、植物が力を合わせて片付けたっけ。特に竹は張り切っていたなあ。それまでちょっと竹と仲が悪かった、山の木たちと話し合って、人間たちがつくった邪魔なものを次々とぶっ壊す代わりに、山にはあまり行かないと約束してね。竹も張り切りすぎて、枯れずに何回も花を咲かせたっけ。